top of page
  • 執筆者の写真47wako

ハコカミーノ完成

私はご存知のようにアメリカ車が結構好きです。

特に60年代70年代のクルマはとても無駄な作りをしていて

その無駄さにグッときてしまうのは私だけではないと思います。

日本車もこの時代はアメリカ車にインスパイアされているのが

良くわかります。

この時代のアメリカ車を見ていきましょう。

まずは今回、題材にさせていただいたエルカミーノから。


1968エルカミ
1968エルカミ

1987エルカミ
1987エルカミ

この無駄さがたまりません。

でも素敵ですよね。上は1968年、下は1987年。

ハコスカのホワイトボディを眺めていたらこのデザインに

辿り着きました。


次はフォードマスタングGT


1968マスタング
1968マスタング

マッスルカーの代名詞とも言えるマスタング。

390ci(6.4L)の排気量でぶっ飛ぶわけですから迫力ありますよね。

ミニッツにならないかな〜。


プリムス ロードランナー

70プリムスロードランナー
70プリムスロードランナー

こうやって見ていくと日本車がどれだけアメリカからインスパイアされていたか

わかります。80年代からは日本車は独自路線で世界を席巻していきますが

それまではアメリカが引っ張っていたのが良くわかります。


本日、ハコカミーノ完成のYoutubeを投稿しました。


というわけで

実車では決してできないこのカスタムを

ミニッツで再現するのはとても楽しいです。

今回は作り方風の説明も入れているので

ぜひ、ご覧なってください。

一緒にこんな遊びをしませんか?

ご感想お待ちしております。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page